美容皮膚科で綺麗にほくろを除去しよう|悪性と良性を見極める

適切な施術を選ぶのが大事

カウンセリング

ほくろを綺麗に除去するためには皮膚科や美容クリニックにて適切な施術を選択しましょう。切開法やレーザー治療などを取り扱っていますが、ほくろの状態によって施術方法を選んでいくことが重要ですよ。

ほくろと皮膚がん

鏡を見る女性

気付いたら身体に発生しているほくろは大きさ、数、出来る箇所によってはその人にとってコンプレックスとなってしまう存在になります。そんなほくろは正式名称では色素性母斑と呼ばれており、メラニン色素を持っている細胞が増殖することで肌に出来てしまう皮膚病変となっています。皮膚病変となっていますが、通常のほくろはほとんど良性となっているので安心してください。なお、中にはほくろと勘違いしてしまう病気も隠れているので注意が必要となるでしょう。ほくろと間違われがちな病気に悪性黒色腫があります。これは皮膚がんの種類でもあり、メラニン色素を含んだ細胞が悪性化してしまって肌に発生してしまうものとなります。主にメラノーマと呼ばれており、もしこの皮膚がんが発生してしまうと物凄いスピードで進行していくので早期発見が重要です。男女関係なく発生する病気で、大体60~70代などの高齢者に多く見られるのが特徴でしょう。また、日本人は黄色人種なので発生傾向が低くなっていますが、もしメラノーマを患ってしまったら死亡率が高いので要注意と言えるでしょう。もし、身体に変わったほくろが発生した場合は、放置せずにきちんと美容皮膚科などに行くことが大事です。なお、身体に発生しているほくろが皮膚がんである可能性は少なく、すべてのほくろを疑う必要もあまりないです。しかしながら、もし足の裏にほくろが発生していたら注意すべきと言えます。足の裏のほくろはメラノーマになってしまう傾向があるとのデータが発表されていることから、危険な存在となっています。もし、足の裏をチェックしてみてほくろが存在していたら、念のため悪性か良性かを美容皮膚科などで検査していきましょう。自分で判断するより専門的な知識を持っている美容皮膚科に診断してもらうのが確実です。早期発見することで治療も軽度で済む場合がありますよ。

ほくろは美容面で悩みがちな存在ですが、病気の観点からも考えてみることが大事です。美容面でほくろ除去をする場合でも美容皮膚科は施術の前に必ず検査を実施します。そこでも悪性の有無などが分かるので、確認してみると良いでしょう。問題がなければそのまま除去して、もし悪性の場合は治療に入ることが出来ます。そのため、気になるほくろやコンプレックスに感じているほくろは、早急に美容皮膚科を利用していきましょう。

このほくろは悪性?良性?

顔を触る婦人

良性タイプと悪性タイプのほくろがあることはご存知でしょうか。良性は放置していても問題ありませんが、悪性は適切な治療や除去が必要になります。この2つの見極め方について確認していきましょう。

レーザー治療を受けよう

カウンセリング

ほくろの除去施術の1つであるレーザー治療の流れなどを見てみましょう。初めて皮膚科やクリニックに行く場合は不安なことでいっぱいなので、事前に施術の流れをチェックしておくと良いですよ。

失敗しない皮膚科の選び方

顔を触るウーマン

ほくろの除去をしたいと思った場合、どこの皮膚科やクリニックを利用しようかと迷ってしまうときもありますよね。そこで、失敗しない皮膚科の選び方を紹介しています。参考にして、良い皮膚科を見つけましょう。