美容皮膚科で綺麗にほくろを除去しよう|悪性と良性を見極める

レーザー治療を受けよう

カウンセリング

気になるほくろがあれば、皮膚科やクリニックで問題なく除去することが出来ます。なお、初めてほくろ除去を受ける場合は、どのような流れで施術を進めていくのかなど気になる点がありますよね。そこで、一般的な施術法であるレーザー治療の流れをチェックしていきましょう。利用の流れを事前にチェックしておくことで、実際はスムーズに対応することが出来るので便利です。まず気になるほくろが出来た場合は、皮膚科やクリニックのカウンセリングに行くことから始まります。カウンセリングでは除去してほしいほくろの検査や診察などを詳しく行ない、実際の施術に関する話し合いをしていく重要な場となっています。このカウンセリングで納得のいく施術を組むことが出来たら、満足のいく結果になるでしょう。

カウンセリングを終えてレーザー治療を受けるとなった際は、最初に麻酔と消毒をしていきます。レーザーの場合だと照射時に軽い痛みが発生する場合があるので、事前に麻酔クリームなどを塗っていきます。そのときに合わせて、炎症防止のために消毒をしていくでしょう。そして麻酔や消毒が済んだ後は、いよいよレーザーの照射を開始します。レーザーを除去したほくろに当てることで、皮膚組織を削ることが可能となっています。麻酔により痛みも感じず、身体への負担も少ないのがレーザー治療の強みと言っても良いでしょう。無事にレーザー治療を終えることが出来たら、絆創膏や専用の保護テープを患部に貼って守っていきます。また、顔にあるほくろを除去することもあるので、保護テープなどは目立たないように肌の色に合わせことが出来ます。肌の色とあっているので、テープの上からメイクをしても大丈夫でしょう。この保護テープは非常に重要なものになるので、医師から言われない限り外さないことです。もしテープを剥がして患部に刺激やダメージ、紫外線を浴びせてしまった場合は、傷跡として残る可能性があるので注意してください。また、レーザー治療を受けたらそこで終了というわけでなく、施術後も皮膚の状態を医師にチェックしてもらうために定期的に受診する必要があります。術後も医師のサポートを受けることが出来るので安心です。以上がレーザー治療を受ける際の流れとなっています。参考にしてみて、実際のほくろ除去も問題なく実施していきましょう。